スマホ利用者の平均的な料金はおおよそ7000円程度と言われています。これが格安スマホ(SIM)に乗り換えると1000円~3000円/月に節約することができます。

プラン(月間にパケット通信できる容量など)によって異なりますが、乗り換えることで大幅な節約になります。

仮にスマホ料金が3000円になった場合、月々で4000円、年間で4.8万円の節約ができます。これは1台の話なので、家族で複数台利用している場合は契約している台数分オトクになります。

docomoやau、ソフトバンクのスマホ料金は安くありません。スマホ料金を高いと思うなら格安スマホへの乗換えがおすすめします。

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMを提供するMVNO(格安SIM販売会社)は基本的に店舗を持たないのがほとんどで、電話もしくはメールでのサポートが基本になります。

このサポートなどの経費を安くすることによって安めの月額料金でサービスを提供することが可能になっています。

どのSIMカードを選んだら良い?

20社以上の格安SIMカードを比較しましたが、料金はほとんど変わりません。おおよそ10円~100円/月程度の差です。

格安SIMはNTT docomoかauの回線を借りてサービスを展開しており、卸し価格は決まっています。

それに加えて価格競争が進んだ結果、料金体系に関してはほぼ横並びになっています。

その中でどれを選んだら良い?と言われたら楽天モバイルを勧めておきます。

楽天モバイルは大手の楽天が提供しており、サービス終了の可能性も低いと思われます。

また毎月の請求額に対して楽天スーパーポイントが貯まり、楽天での買い物の際に楽天モバイルユーザーはポイントが上乗せされるという優遇もあります。

格安SIMは料金差がほとんどないので、このような特典がある楽天モバイルが万人には勧めやすいです。

⇒楽天モバイルの詳細はコチラ

そもそもSIMカードとは?

SIMカードというのはスマホ(携帯電話)端末に差し込むICカードのことです。

このICカードには電話番号などの情報が書き込まれており、このICカードがないと音声通話やインターネットができないようになっています(Wi-Fi通信を除く)。

スマホ端末は購入する?今のもので良い?

これはどの回線会社(キャリア)のスマホ端末を持っているかによって変わってきます。

ドコモのものであればUQ mobile社以外の格安SIMは利用できます。auのスマホ端末の場合はmineo、UQ mobileのものが使えます。

ソフトバンクのものは基本的に利用できないので新しく購入する必要があります。

格安SIM会社はSIMカードの他に、スマホ端末(SIMフリー端末)も販売しているので、今ソフトバンクを使っている人はセットで購入すれば良いでしょう。

端末価格は性能(スペック)によって変わってきますが、1万円~5万円程度です。キャリアが販売しているものと比べると安めで提供されています。

3万円以上のものであればキャリアで販売されているものとほとんど変わりません。

契約に必要なものは?

クレジットカードが必須です。

毎月の支払いがクレジットカード限定のものがほとんどで、格安SIMを契約する場合クレジットカードが必要になってきます。

また、契約プランによっては身分証明証が必要になります。

プランはどういうものがある?

大きく分けて2つ、音声通話プランとデータ通信専用プランです。

音声通話プランはドコモなどのキャリアと同様、インターネットと通話ができる従来のもの。

データ通信専用プランはインターネットのみ利用可能で、音声通話はできません。

音声通話というのは、090などから始まる電話番号を入力して通話をするもので、LINEやskypeなどのインターネット電話は通話可能です。

スマホ1台で全てまかないたい場合は音声通話プランを、ガラケーなどと2台持ちする場合はデータ通信専用プランでも良いでしょう。

電話番号そのまま引き継ぐことは可能?

MNP契約をすれば可能です。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)というのは今使っている回線会社(ドコモなど)に予約番号を発行してもらい、新しく契約する格安SIM会社でMNP申込みというものを選択すれば、電話番号を引き継ぐことができます。

MNP契約は音声通話プランのみ可能で、データ通信専用プランではできないので注意。

申込みしてからどれくらいで使えるようになる?

申込みをすると、SIMカード(人によってはスマホ端末も)が送られてきます。

配送状況次第ですが、2~3日もあれば届きます。届いたら同梱されている設定マニュアルを読みながら設定します。

設定が難しそう…

知識や慣れ次第ですが、そんなに難しくはありません。スマホの設定アプリからAPNという設定をいじるだけです。

APNというのはどのSIMカードを使うかという設定項目で、これを契約したSIMカードが使えるように情報を入力してあげます。

これを聞くとやっぱり難しそうと思う人もいるかもしれませんが、問題ないと思います。そもそも難しかったら格安SIMが普及していません。

マニュアルの通りにやれば10分程度で設定できるでしょう。

他に注意することは?

あとは最低利用期間くらいです。

音声通話専用SIMはおおよそ6ヶ月から12ヶ月間の最低利用期間(縛り)が設定されています。この間に解約をした場合は5000円~10000円ほどの違約金がかかりますよというものです。

ドコモなどは24か月間で、24か月が過ぎると、1か月間の更新月の後にまた24か月間の最低利用期間が設定されますが、格安SIMは一定期間を過ぎると縛りはありません。

ここは格安SIMの良い点です。

データ通信専用SIMの場合は最低利用期間が設定されていません。必要なくなったらすぐに解約できます。

おすすめの格安スマホランキング

1位:楽天モバイル


  • ベーシックプランは525円から!
  • 高速LTEは900円から。
  • スマホ端末購入に楽天スーパーポイントが使える
価格 900円~
通信容量 3.1GB~
初期費用 3000円

詳細ページはこちら公式ページはこちら

2位:DMMモバイル

  • 月額料金業界最安値クラス
  • 20種類の料金プランで自分にあったプランを選択可能
  • 使い切らなかった通信容量は翌月に繰り越し可能
  • 大人気のスマホZenFoneが選択可能
  • 440円の低速ライトプランもあり
価格 590円~
通信容量 1GB~
初期費用 3000円

詳細ページはこちら公式ページはこちら

3位:BIGLOBE LTE・3G

  • 公衆無線LANが無料で利用可能
  • BIGLOBEユーザーは200円/月の割引有り
  • データSIMのスタンダードプラン(3790円)はSIM3枚利用可能
価格 900円~
通信容量 3GB~
初期費用 3000円

詳細ページはこちら公式ページはこちら

万人におすすめは楽天モバイル

格安スマホは20社以上が販売していますが、どれか一つおすすめをあげるとしたら私は楽天モバイルをおすすめします。

格安スマホの料金は価格競争が激しく、同じくらいの値段で落ち着いています。サービス内容もほとんどどっこいどっこいです。

楽天モバイルは他社と比べて毎月の支払い1%の楽天スーパーポイント還元や楽天市場での買い物に1%上乗せなど月額料金以外でもお得に使える格安スマホです。


楽天モバイル(公式ページ)



格安sim、格安スマホ、MVNOの違い

最近雑誌やテレビ、新聞などで格安sim、格安スマホ、MVNOなどさまざまな表記で特集が組まれています。これらの違いは何かですが、基本的に一緒の意味で使われています。

少し説明すると、「sim」というのは電話番号など通話やパケット通信(インターネット)に必要な情報を入れたICカードです。これまではdocomoやau、ソフトバンクなどしか販売できませんでしたが、他の会社から販売できるようになりました。

この「sim」がdocomoなどに比べて格安な為、「格安sim」と呼ばれています。そしてdocomoやau、ソフトバンク以外のsimの販売会社を「MVNO」と呼んでいます。

MVNOはMobile Virtual Network Operator(モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)の略で仮想移動体通信事業者と呼ばれています。docomoやauなどから設備やsimカードを借りてサービスを行っている(自社で設備を持たない)ことからバーチャル(=仮想)というわけです。

格安スマホはスマホを安く使えるという意味で格安スマホと呼ばれています。

格安スマホの販売形態

格安スマホの販売形態は2種類。simカード単体での販売とsimカードとスマホ端末をセットして販売する販売形態があります。

simカード単体での契約の場合は端末を自分で用意する必要があります。もしNTTdocomoの端末やsimフリー端末を持っている場合はその端末にsimカードを挿すことでスマホが使えます。

simカードとスマホ端末のセット販売の場合は何も準備することなく、docomoショップなどで契約するのと同様、端末が届いたらすぐ利用できます。

初心者の場合はスマホ端末とセットで購入した方が簡単です。

楽天モバイルで、「楽天スーパーポイント」を使った月額利用料の支払いが可能に

2016年8月請求分より月額料金・通話料金・「5分かけ放題オプション」を除く各種オプション料金の支払いに楽天スーパーポイントを使うことができるようになりました。

楽天市場や楽天カードで買い物をしてポイントを貯めている方は楽天モバイルがより使いやすくなります。