格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

格安simの基礎知識

1GBの格安SIM(MVNO)比較

投稿日:2016年6月17日 更新日:

月間1GB以下で料金を安く設定している格安SIMの情報をまとめました。

1GBの通信容量でできること

1GBの通信容量はスマホ通信容量としては少なめです。1GBではどれくらいのことができるか以下に一覧を作ったので見てみましょう。

インターネット
(Yahoo!JAPAN)
4,000回
メール送信
(文字のみ)
200,000回
動画視聴 8時間
Google Map 1,300回

見るページや送るメールの文字数によって変動はありますが、おおよそこれくらいです。これに加えてアプリのアップデートなどがあると使える容量は少なくなります。

バースト機能

スマホを使いすぎて速度制限がかかってしまった…。そんな時でもバースト機能があると少し安心です。

バースト機能とは通信の最初数秒間だけ高速通信ができる機能です。速度制限時にも使えるので、低用量プランを使っている場合、恩恵が大きい機能です。

1GBプランを取り扱っているMVNOでバースト機能はDMMモバイルに搭載されています。

関連記事:バースト転送機能

1GBプラン一覧

サービス名 提供会社 基本料金 通信容量 制限時の速度
DMMモバイル DMM.com 480円 1GB 200kbps
freetel mobile プラスワン・
マーケティング
670円 1GB 128kbps
U-mobile U-NEXT 790円 1GB 128kbps
b-mobile X SIM プランI 日本通信 900円 1.01GB 200kbps
mineo
(Dプラン)
k-opticom 800円 1GB 200kbps
エキサイトモバイル エキサイト 720円 1GB 200kbps

※全てLTE(最大速度150Mbps~225Mbps)対応
※全て税抜き料金

DMMmobile

サービス名 基本料金 通信容量 規制時の速度
1GB(データ専用) 480円 1GB 200kbps
1GB(通話付き) 1,260円 1GB 200kbps

※SMS付きはプラス150円/月

業界最安値クラスの月額料金のDMMモバイル。

1GBより安い440円/月のライトプランもあるが、これは低速(200kbps)で普通の約1/750程度の速度なのでおすすめしない。プラス150円するだけで高速回線にすることができるので申込むなら1GB以上のプランが良い。

データ専用プランなら最低利用期間の縛りもないので手軽に試すことができます。音声付きプランは12ヶ月間縛り。ドコモなどの既存キャリア(24か月間縛り)と比べると半分なので試しやすい。

参考記事

DMMmobileの評判、口コミ、料金

公式サイト:DMMモバイル

U-mobile

U-mobile

サービス名 基本料金 通信量 規制時の速度
データ専用1GB 790円 1GB 128kbps

※SMSは150円/月

プランが1GB、3GB、5GB、使い放題とさまざまなプランがあるのが特徴的なU-mobile。途中でプラン変更も無料で行えるので1GBで申し込んだけど、使い放題にしたいなどの途中変更も可能。プランが多いので後々の使い勝手の点で便利な格安SIMです。

データプランは縛り(最低利用期間)なし。音声通話プランは他社と比較して短めの6ヶ月間の縛りだが、3GB以上のプランのみ(1580円~)。毎月の料金が安めが良いならDMMモバイルやmineoなどが良いでしょう。

参考記事

U-mobile

公式サイト:U-mobile

b-mobile

b-mobile

サービス名 基本料金 通信量 規制時の速度
b-mobile X SIM プランI 900円 1.01GB 200kbps

格安simの元祖と言えるb-mobileSIM。プランが月間で通信量が決められているものと1日ごとに区切られているものがあります。他社が安くなってきたので魅力は少し落ちています。現状だとあまりおすすめではないです。

参考記事:

b-mobile(おかわりSIM)

mineo

サービス名 基本料金 通信量 規制時の速度
シングルタイプ500MB 700円 500MB 200kbps
シングルタイプ1GB 800円 1GB 200kbps
デュアルタイプ500MB 1400円(ドコモプラン)
1310円(auプラン)
500MB 200kbps
デュアルタイプ1GB 1500円(ドコモプラン)
1410円(auプラン)
1GB 200kbps

※auプランはSMSは無料で付属
※au、ドコモの両プランあり

au端末で使える数少ない格安SIM(2社のみ)。もう1社のUQmobileと比較して、小容量も選択できるのがポイント。SMSが標準で付属しているのが特徴です。au端末を持っていて、格安simを使ってみたい人におすすめの格安sim。

参考記事:

mineo(マイネオ)

公式サイト:mineo

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

サービス名 基本料金 通信容量 規制時の速度
1GB(SIM1枚) 720円 1GB 200kbps
1GB(SIM3枚) 1280円 1GB 200kbps

※SMSは140円/月。

インターネットプロバイダーサービスで有名なBB.exciteの格安SIM。ここの特徴はSIM3枚のプランを選べることです。スマホ以外にもタブレットなども持っていたり、家族で格安SIMを使いたい時におすすめ。

ただし容量が少なめ、かつ通話プランが存在しないのが難点。ある程度余裕を持って使うならOCNモバイルoneIIJmioのSIM複数プランがおすすめ。

参考記事:エキサイトモバイル

おすすめの1GB以下の格安SIM

1GB以下のラインナップではDMMモバイルがおすすめです。

DMMモバイルを知らない方に説明すると、DMMモバイルは動画サービスやFXなど多角的にサービスを提供しているDMM.comが運営しています。

DMMモバイルは業界最安値を追求し、月額料金を下げるのはもちろん、料金プランを細かく分かれており、自分に合ったプランを選びやすい。

1GBで足りなくなったら2GB、または3GBなど少しずつ上げることができます。もちろんプラン変更に費用はかかりません。

とりあえず格安SIMを試してみたいという方はもちろん、ヘビーに使うかもしれないという人まで対応できる格安SIMです。

データ通信専用SIMなら最低利用期間なし

ドコモやau、ソフトバンクなどと違い、データ通信専用SIMは2年縛りがありません。違約金がかからないので、1ヶ月でやめるということもできます。これによってお試しで使うことはもちろん、短期的に使いたいという人も気軽にスマホを利用することができます。

DMMモバイルなら使いすぎても軽いページならストレスなし

DMMモバイルはバースト機能というが標準装備されています。どういうものかというと、使いすぎて速度制限がかかった場合(低速モード)でも最初の数秒間だけは通常と同じ速度で通信できるというものです。

軽いホームページを見る程度なら速度制限がかかってもサクサク閲覧することができます。

特集⇒17社以上の格安SIMの比較⇒

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

-格安simの基礎知識

Copyright© スマホゴーゴー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.