格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

格安simの基礎知識

通話定額制(かけ放題)の格安SIMカード比較

更新日:

現在通話定額制を採用している格安SIMはNifmo、もしもシークスのみになります。

Nifmo「Nifmoでんわ」プラン

プラン名 月額料金
国内かけ放題プラン 1300円
国内+海外かけ放題プラン 2700円

※Nifmo音声通話プラン契約者のみ契約可能

※最低利用期間2か月間。2か月以内の解除の場合は3000円の違約金が発生。

※1回の通話が90分を超えた場合は切断される。

※専用アプリインストールの必要あり

もしもシークス「かけたい放題」プラン

プラン名・通信量 通話 月額料金
基本コース(1GB) 3分以内の電話×30回 1980円
あんしんコース(7GB) 5分以内の通話×30回 2980円
まんぞくコース(7GB) 10分以内の通話×100回 3980円


※2015年8月17日受付開始、9月4日出荷開始。

※無料通話分を超えると19.9円/30秒の通話料金が発生。

NTTdocomo回線を利用しているのでSIMフリー端末、もしくはNTTdocomoの端末で利用できます。NTTdocomoの端末を利用した場合、テザリング機能が使えないので注意。

格安SIMのみの契約、スマホ端末とのセット契約どちらも可能。またドコモやauなどの電話番号引き継ぎ(MNP)、新規電話番号発行のどちらも可能。

もしもシークスの「かけたい放題」は無制限ではない


通話は1回あたり3分以内の国内通話、かつ月間30回まで通話料無料です。調子に乗って電話をかけまくっているとぞっとする通話料金が請求されるので注意。この無料通話分を超えると2388円/1時間になります。

正直よく総務省から許可が下りたなと思う宣伝文句です。最近ではWiMAXが誇大広告として批判を集めていましたが、これも「詐欺だ!」と批判を浴びるんじゃないかと思います。

※WiMAXは月間無制限を前面に押し出していたが、3日間で3GB制限がありました。注意事項で細かく記載されていましたが、わかりにくいと言われています。

もしもシークスを契約する際は通話はかけられる時間が決まっている、回数が決まっているということを念頭に置いておきましょう。

ワイモバイルの方が条件が良い

ワイモバイルは通話が1回10分まで、月に300回まで利用可能です。プランが3種類あって月間に通信できる容量でプランが分かれています。

ワイモバイルのプラン

項目 通信料 月額料金
スマホプランS 1GB 2980円
スマホプランM 3GB 3980円
スマホプランL 7GB 5980円


「もしもシークス」よりワイモバイルの方が通話をメインに考えた場合、使いやすいので「もしもシークス」を選ぶのであればワイモバイルがおすすめです。

公式サイト:ワイモバイル

ワイモバイルの説明をすると、ワイモバイルはソフトバンクグループの携帯電話会社で、ソフトバンクよりも料金を下げて提供しています。言うなればソフトバンクのMVNO(格安スマホ)という位置づけです。

Nifmoの通話定額はIP電話

通話定額はIP電話になっています。

IP電話は簡単に言ってしまうとインターネット電話というものです。050から始まる電話番号の電話と言ったほうがピンと来るかも知れません。

音声をパケットに変換して、インターネット回線でデータを送る方式で、従来の携帯電話の音質や固定電話の音質よりは少し劣ります。

また110や119などの警察署や消防署、救急車などの緊急通報は対応しません。

IP電話は使えるのか?

IP電話というとyahooBBなどのADSLで使っていた人も多いと思います。その時の印象だとIP電話は雑音(ノイズ)が入る、突然切れるという印象を持っているかもしれません。

しかし最近のLTE回線はADSL回線に比べて安定していますし、速度面でも圧倒的に優れています。

ADSL時代のIP電話の雑音や突然の切断は回線の弱さ(不安定さ)が原因です。この点が改善されたLTE回線ならほとんどの場合で問題なく使えます。

20社以から厳選!格安simおすすめランキング(トップページ)

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-格安simの基礎知識
-

Copyright© スマホゴーゴー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.