格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

格安simの基礎知識

格安SIMの最低利用期間

投稿日:

ドコモやau、ソフトバンク、Y!mobileなどのキャリアだと2年間契約が基本です。この2年間の間に解約すると9500円の違約金が発生します。これが格安SIMだとどうなのかをまとめました。

データ通信専用プラン

一部を除いて最低利用期間なし。
※au系のmineo、docomo系のぷららモバイルLTEozzioモバイルは12ヶ月間の縛りあり。
※mineoは最低利用期間が撤廃されました(2015年7月更新)
いつ解約しても違約金や契約解除料金は発生しません。一時的に必要な時だけ使うという使い方でも利用できます。SMS付も同様で最低利用期間はありません。
格安SIMが気になっているけど実際どうなのか、自分の使う地域で速度はしっかり出るのかを確認したい場合に試しに使ってみるというのも良いでしょう。
一度使ってみるのならば、月額料金が最安値のDMMモバイルがおすすめ。データ通信専用プランなら660円/月から使うことができます。

公式サイト:[DMMmobileT]

音声通話付プラン

格安SIMは6か月間~12か月間が一般的です。違約金はキャリアより少し安めの8000円~9000円が多いです。
特筆すべき点は最低利用期間を超えたらいつ解約しても違約金がかからないことです。
キャリアの場合は2年間の最低利用期間が終わっても再度2年間の契約が自動更新され、2年おきにしか違約金なしで解約できるタイミングがありません。
自由度が高いという意味でも格安SIMの音声通話プランは使いやすいです。

MNPで格安スマホに移行することも可能

MNP(モバイルナンバーポータビリティ:電話番号そのまま引継ぎで携帯電話会社を移動すること)で格安スマホ(SIM)会社に移行することも可能です。この場合、電話番号は引継ぎ可能です。電話番号が変わったら困るという場合はMNP制度を利用しましょう。
MNP制度の使い方は現在自分が使っているキャリアに連絡(サポートセンター、インフォメーションダイヤルなど)し、「MNP予約番号」を発行してもらいます。その後、格安スマホ契約時に、MNP契約を選択し、MNP予約番号を入力します。
ちなみにデータ専用SIMの場合はMNP制度はありません。

MNPでdocomoなどのキャリアに戻ることも可能

MNPでdocomoやau、ソフトバンクに戻ることも可能です。使ってみたけど満足しなかった場合はこういう選択肢もあります。

音声通話付きプランで最低利用期間が短く、違約金が安いのはU-mobile

格安スマホ業者を30社以上調べましたが、一番最低利用期間が短く、違約金の負担が小さい音声通話付き格安スマホはU-mobileでした。
最低利用期間が6ヶ月間、途中で解約した場合の違約金(契約解除料金)が6000円です。
とりあえず音声通話付きプランを使ってみたい、試してみたいというユーザーならU-mobileから始めてみるのが良いでしょう。

公式サイト:[UMobileT]
[UMobileB]

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-格安simの基礎知識
-

Copyright© スマホゴーゴー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.