格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

格安simの基礎知識

simフリースマホ、タブレットとは

投稿日:

SIMフリースマホ(タブレット)とは、ドコモなどのキャリアに縛られない端末のことです。

例えばauショップでスマホ端末を購入する場合、auの契約が必須になっています。端末だけで販売はしてくれません。

simフリー端末の場合はスマホ端末ショップや家電量販店でキャリア契約なしで購入でき、後から自分で好きな回線業者と契約することによって外出先などでインターネットを楽しむことができます。

SIMフリー端末を使う為の手順

  1. SIMフリー端末を購入する
  2. 格安SIMを契約する
  3. SIMフリー端末の設定をする

以上の3ステップです。

格安SIM会社ではSIMフリー端末をセット販売しているところも多いので、格安SIM会社で一緒に購入してしまうのと手間が省けます。

格安SIM会社で購入する場合、ドコモなどのキャリアのように、割賦販売(分割払い)が可能なことが多いです。

端末にもよりますが、本体は2万円~5万円程度はするので初期にまとまった出費は苦しいという場合は分割払いにしてしまうのが良いでしょう。

基本的に金利(利息)は発生しない場合がほとんどです。

SIMフリー端末の設定とは

SIMフリー端末を購入し、格安SIMを契約したら初期設定をする必要があります。

設定内容はAPN設定というものです。

APN設定と言うのは、格安SIMの回線・プロバイダーの情報を端末に教えてあげることです。

格安SIMを購入した場合、説明書が付いている、もしくはwebサイトに説明が記載されているので、それに従って設定します。

格安SIM会社によっては設定情報がまとまったプログラムを提供していて、それをダウンロードすることによって設定が簡単になっている場合もあります。

SIMフリースマホでも通話はできる

プラン名 備考
音声通話プラン 音声通話、SMS、ネット可能
データ通信プラン ネットのみ可能

SIMフリースマホで音声通話は可能。タブレットはものにもよりますが、基本的にはできません。

SIMフリースマホで音声通話をする場合は、格安SIMの契約時に音声通話プランを申込むことによって電話番号が与えられ、その番号で通話ができるようになります。

インターネット電話(LINE・skypeなど)は音声通話プランじゃなく、データ通信専用プランでも使うことができます。

今の電話番号そのまま契約(MNP)も可能

契約方法 備考
新規契約 新電話番号
MNP契約 今の番号そのまま

今ドコモやソフトバンクなどで契約している電話番号を持ち込むことも可能です。

その場合はMNP(モバイルナンバーポータビリティ)契約をすれば良いです。

手順は簡単で、今契約しているキャリアにMNP予約番号を発行してもらい、新しく契約する格安SIM会社でMNPで音声通話プランを申し込めば大丈夫です。

契約画面でMNP予約番号の入力を求められるので、キャリアで発行してもらったMNP予約番号を入力します。

格安SIMが開通すると、それまで使っていたキャリアの契約は自動的に解約になります。

SIMフリースマホの購入場所

このページの上の方でも説明しましたが、格安SIM会社で購入することができます。またスマホ端末の取り扱いショップ(通称白ロムショップ)などでも購入できます。

代表的な白ロム屋としては秋葉原に店舗を構えているイオシスなど。通販でも購入できます。

iPhoneの新古品を以前購入したことがありますが、レスポンスが早く、2日ほどで自宅に届きました。ネットショップで購入するならここをおすすめしておきます。

イオシス(公式)

iPhoneのSIMフリーはどこで購入できる?

appleショップでの購入になります。店頭で購入するか、ネット通販です。

新古品、中古品は先ほど紹介したイオシスなどでも購入できます。

SIMフリーiPhoneは在庫が少なく、納期が遅い場合があるので注意。欲しい場合は早めに注文しましょう。

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-格安simの基礎知識

Copyright© スマホゴーゴー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.