格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

キャリアケータイ

au解約時の注意点(違約金など)。解約すると出来なくなることやデメリットまとめ

更新日:

1.auを解約する流れ

格安SIMを使いたいという場合、どのプランにするかを選ぶと同時に、今まで使っていたキャリアを解約する必要があります。

それぞれの会社によって解約の流れが若干異なりますし、解約の際の注意点も違いますのできちんと把握しておく必要があります。

特に大手キャリアの場合は、この注意点をしっかりと把握していないといろいろなトラブルが生じることになりますので、きちんと下調べをした上で解約手続きをするようにすることが大事です。

具体的な解約手続きの流れとしては、まず必要となる書類を準備することから始まります。

auの場合の必要なものは、まず本人確認書類が必要となります。これには運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの証明書が無難でしょう。

健康保険証だと、場合によって同時にガスや水道、電気などの公共料金の領収書などの提示を求められることがあるからです。一緒に印鑑を準備しておきましょう。

この印鑑は実印である必要はありませんので、申し込みの際に用いたもので大丈夫です。そして、使っている携帯電話もしくはスマホを持参するのも忘れないようにしましょう。

もし紛失してしまっているなどの事情で手元にないのであれば、それを説明すれば解約手続きを問題なく進めることができます。

スマホの利用者が小学生以下の場合は、本人だけではできないことになっていますので、必ず親などの保護者が同伴して手続きをするようにしましょう。

当サイトからUQモバイルを契約すると期間限定で最大13,000円キャッシュバックキャンペーン中!月額料金は1,480円~。人気のiPhone端末の取り扱いもあり。

申し込みはコチラ:UQモバイル

2.違約金がかかる場合

auのほとんどのプランは解約する時に気を付けないと違約金がかかってしまいますので、あらかじめ違約金がかからないように解約する方法を知っておく必要があります。

違約金は結構な額ですので無駄なコストを払わずに済むようにきちんと理解しておきましょう。プランにもよりますが、たいていの場合auのプランは2年縛りとなっています。

そして、2年が経過した時点で自動的にプランが更新され、その2年縛りも継続されることになります。そのため、違約金が発生せずに解約できるのは、契約更新の1か月だけということになります。

中には、プランを始めてから最初の2年間だけこの縛りがあって、それ以降は適用されないと考える人もいますが、実際のところプランを続けている限りずっとかかりますので注意が必要です。

また、契約更新のタイミング、もしくは違約金なしで解約できることを知らせる通知というのは来ませんので、自分で違約金がかからない月はいつなのかを数える必要があります。

それを過ぎるとまた二年間は違約金が発生してしまいますので、タイミングを逃さないようにしましょう。

3.au解約時の注意点

解約すると通話やデータ通信のプランは解消されますので、プランの支払い義務はなくなります。

しかし、携帯そのものの支払い義務は残ります。つまり、毎月のプランの中にスマホ本体を月割で購入するという契約が含まれているのであれば、その分はauを解約しても残ることになります。

auのプランは使っていないのに支払いだけは残るということになるのです。また、au独自の有料プランやauから割り当てられているメールアドレスは消滅してしまいます。

そのため、アドレスが変更するということを友人などに伝えておく必要がありますし、そのアドレスで登録しているサービスなどで、メールアドレスの変更を事前に行う必要があります。

4.解約金がかからないようにするにどうすれば良いか

解約金は全くもって無駄なコストですので、できるだけ払わずに済むようにしたいものです。そのためにも、契約更新の月を正確に把握しておくようにしましょう。

送られてくる請求書には、何年何か月契約を継続しているかが記載されていますので、その情報を基にいつ解約手続きをするかを確認できます。

もし、どうしてもすぐにでも格安SIMなどに変更する必要があるものの、まだ違約金なしで解約できるようになるまでには多少の時間があるという時は、そのままプランを続けて違約金ゼロとなる時まで待った方が良いこともあります。

毎月のプラン料金と違約金の額にもよりますが、どちらがお得になるかを計算して決めるようにしましょう。

慌てて解約して意味のない違約金を支払うよりも、プラン料金を支払い続けた方がお得になることもあるのです。

5.パケット通信料が高いと思ったら格安SIMがおすすめ

auなどの大手キャリアは通話品質などが安定していますしブランド力もあります。

しかし、どうしてもパケット通信料などのコスト面では不利な状況です。

スマホで消費するデータ容量はアプリやサイトの複雑化によってますます多くなっていますので、できるだけ安くデータ通信ができるプランを探すのは賢明なことです。

もし、パケット通信料が高い、今までのプランでは追いつかないと感じるのであれば、格安SIMに乗り換えるのも良いでしょう。

かなりお得にスマホが使えるようになりますので、無駄なお金をかけずに解約をする方法で乗り換えるようにしましょう。

当サイトからUQモバイルを契約すると期間限定で最大13,000円キャッシュバックキャンペーン中!月額料金は1,480円~。人気のiPhone端末の取り扱いもあり。

申し込みはコチラ:UQモバイル

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-キャリアケータイ

Copyright© スマホゴーゴー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.