格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

キャリアケータイ

要注意!auピタットプランは安くない!iPhone・Androidユーザーは要確認。

更新日:

注:ピタットプランが始まった当初はiPhoneは対象外でしたが、2017年9月22日からiPhoneもピタットプランの対象になりました。

1.ピタットプランは本当に安い?

auは2017年よりピタットプランとフラットプランの提供を始めました。

定額データや通話プランなどがばらばらになっていたものを、一括してセットプランとしたことでより分かりやすいプラン内容となっているのが特徴です。

ピタットプランの料金

データ容量 カケホ※1 スーパーカケホ※2 シンプル※3
~1GB 2,980円 1,980円 1,980円
~2GB 3,980円 2,980円 2,480円
~3GB 4,480円 3,480円 2,980円
~5GB 5,480円 4,480円 3,980円
~20GB 6,480円 5,480円 4,980円

※1:国内通話が無制限かけ放題(24時間)
※2:5分以内の国内通話がかけ放題(回数無制限)
※3:通話料金30秒20円

データ使用料は従量課金制

また、データ使用料については、使った分だけかかるという感じの計算の仕方となっています。データを使えば使うほど料金が高くなっていきますが、それほど使わない月であれば安く済ませることができるというメリットがあります。

そのため、月によってデータ通信量がまちまちな人などはこのプランに変えることによってお得になるというメリットがあります。

逆に使えば使うほど使用料金が上がるので、今までは通信制限にかかったらスマホの使用を控えていたという人は通信料が跳ね上がる可能性があります。

通話プランは3つの選択肢

また、ピタットプランでは通話について三つの選択肢の中から選べるようになっています。まず、国内通話し放題プランである「カケホ」というものがあります。

二つ目は、国内通話が5分間という制限付きでかけ放題となる「スーパーカケホ」というプランです。

最後は通話料無料プランが含まれていない「シンプル」というものです。通話に関してはそれぞれの事情に合わせて選択できるというメリットがあり、それぞれがお得な内容となっていますのでプラスポイントです。

こうした特徴を持つピタットプランですが、今までのauのプランという枠で見るとお得に利用できると言えます。

割引キャンペーン

  • auスマートバリュー
  • ビッグニュースキャンペーン
  • 誰でも割

auスマートバリュー」は自宅のインターネット回線(もしくはWiMAX)とauスマホをセットで持つとスマホの基本料金から値引きされるサービスです(要申込み)。

ビッグニュースキャンペーン」は対象期間中に新規、MNP契約、機種変更をすると1年間1,000円割引を受けられる期間限定キャンペーン。

誰でも割」は2年間契約をすることで基本料金を安くするサービスです。現在auの携帯電話かスマートフォンを持っている人はほぼ全員入っていると思います。

今までのauプランよりオトクではあるが…

しかし、最近では格安SIMのプランがかなりお得となっていますし、通話品質やデータ通信のレベルも高くなっています。

こうした格安スマホプランと比べるとどうしても見劣りしてしまう感は否めません。

特にデータ通信のプランについては、どの使用量においても格安プランにはかなわず、全体的に割高となっています。

そのため、今までのauプランと比較するとお得ではあるものの、他社と比べるとそれほど割安感はないというところでしょう。

 

2.auユーザーがピタットプランに変更する場合

auユーザーが以前のプランからピタットプランに変更する場合には、いくつかの条件を満たせばお得に利用できることになります。

特にどのくらいの期間使い続けたいと思っているかによって変わってきます。

このピタットプランは2年契約が基本となっていますが、それ以降も使い続けたいと思っているのであれば、長期的に見てお得感が出てきます。

また、データ容量が2GB以下の場合にもトータルでお得になります。

さらに、逆に大容量のデータ通信をする人にとっても経済的なメリットが出てきて、5GB以上のデータ通信をするようであれば、以前のプランよりも安くなることがあります。

通話についてはどのくらいの長さ話すかなどによっても異なってきますが、全体的に見るとさほど大きな違いはありません。

中程度のデータ容量の場合は旧プランの方が安い可能性が高い

一方で、中程度のデータ容量の場合は、以前のプランの方が安い可能性が大です。具体的には2GBを超えて5GB未満の場合です。

ピタットプランではデータ使用量に応じて段階的に値段が上がっていくシステムとなっていますが、一番利用割合が高い中程度の容量が割高というのが痛いところです。

また、2年以降にauから離れることを検討している場合は、それほどお得感がトータルで見ると出てきません。

機種変更などの割引制度が使えなくなってしまうということが出てくるからです。

 

3.新規・他社からピタットプランを契約する場合

新規申し込みや他社からピタットプランに契約するという場合は、どのくらいキャンペーンを同時に適用できるかということが決め手のポイントとなってきます。

たとえば、学割が併用されるピタットプランの場合は、かなりデータプランなどのお得度が高いので、他社からの乗り換えでもメリットがあります。

また、学割では学生の家族も条件を満たせば適用されますので、全体で考えると割引額は大きくなります。

ここでの注意点は、学割はピタットプランで500円の割引となりますが、12か月の限定であるということです。

ピタットプランは基本的に2年契約となりますので、一年目が過ぎると料金がぐっと高くなったように感じることになります。

最初の一年はお得に使えますが、それ以降は他のプランとさほど変わらない状況になってしまいます。

 

4.ピタットプランより格安SIMがおすすめ

こうした点を考えてみると、ピタットプランも悪くないプランですが、どうしても中途半端という感じがぬぐえません。

これなら、データ通信容量がどのクラスでもお得に使える格安SIMの方がお得になってしまいます。

通話し放題のプランも元々の料金が高いため、格安SIMのプランのようがありがたみがあまり出てこないのが現実です。

もちろん、auというブランドで決めるのであれば別ですが、コストパフォーマンスや徹底して安さにこだわりたいのであれば、やはり格安SIMの方がおすすめです。

通話品質もデータ通信の品質も見劣りせず、ぐっと安い料金で利用できますのでお得感がかなり高くなるからです。

5.auユーザーはUQモバイルへの乗り換えがオススメ

auユーザーの人は今使っているスマホ端末をそのまま利用可能なUQモバイルへの乗り換えがおすすめです。

UQモバイルはauを運営しているKDDI系列のサービスで、月額利用料金が1,480円から使用可能です。

auとの違いとしては、通信速度が少し抑えられている点です。

ただヘビーユーザーでないと体感しにくいくらいの差なので、料金面でauで不満な人や、速度をあまり気にしない人は乗り換えて通信料金を節約するのがおすすめです。

当サイトからUQモバイルを契約すると期間限定で最大13,000円キャッシュバックキャンペーン中!月額料金は1,480円~。人気のiPhone端末の取り扱いもあり。

申し込みはコチラ:UQモバイル

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-キャリアケータイ

Copyright© スマホゴーゴー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.