docomo系の格安スマホ

freetel mobile(フリモバ)-プラスワンマーケティング

投稿日:

FREETELモバイル

freetelは独自に格安なSIMフリー端末を販売していましたが、格安スマホ(SIM)の販売を始めました。

プランは細かく分かれており、SIMのみの契約、スマホ端末とのセット割が選べます。以下で見ていきましょう。

料金プラン(使った分だけ安心プラン)

使った分だけ安心プラン(従量・段階制)

通信容量(月間) データ通信専用 データ通信+電話プラス
~100MB 299円 999円
~1GB 499円 1199円
~3GB 900円 1600円
~5GB 1520円 2220円
~8GB 2140円 2880円

※データ通信専用はインターネット(LINEなど)のみ。データ通信+通話プラスは音声通話(090や080から始まる番号への発着信)が可能。

定額制プラン

通信容量(月間) データ通信専用 データ通信+音声通話
1GB 499円 1199円
3GB 900円 1600円
5GB 1520円 2220円
10GB 2470円 3170円
20GB 4870円 5570円

従量制と定額制プランのどちらがオトクなのか?ですが、結論だけ言うと月間10GB以上使うヘビーユーザー以外は従量制の「使った分だけ安心プラン」が良いです。

従量制は100MBまでの(299円/月)料金の区切りがあり、全く使わない月は299円で済ませることができます。定額制は最低1GB/月からで、100MBプランが用意されていません。

従量制は10GBを超えると低速通信(200kbps)になりますが、定額制の場合は20GBのプランに設定しておくと10GB超でも高速で通信することができます。

基本的に迷ったら「使った分だけ安心プラン」で良いでしょう。

また「使った分だけ安心プラン」から定額制プランへの変更はできますが、定額制プランから従量制の定額制プランには変更できないので注意。

定額制内でのプラン変更は毎月25日までにマイページから変更申請することで翌月から適用されます。

基本仕様

項目 備考
初期費用 3000円
SIMサイズ 標準/micro/nano
SIMサイズ変更料金 2000円
SIM枚数 1枚
SMS 150円
追加クーポン なし
最低利用期間 MNP転出時のみ12ヶ月間
違約金 最高15000円(1ヶ月ごとに1000円ずつ減額)
通信規制時の速度 200kbps

音声通話プランでMNP転出をする際は最低利用期間(縛り)が設定されています。

MNP転出とは電話番号そのままでフリーテルから他社に乗り換えする契約のことです。今使っている電話番号を捨てて、新規電話番号で契約する場合は違約金は発生しません。

ドコモなどのキャリアと違い、12ヶ月間が過ぎるといつ解約しても違約金は発生しませんが、他社の格安SIMと比較するとやや長めの最低利用期間が設定されています。

違約金も高めなのであらかじめ把握しておきましょう。

通常解約の場合は違約金がかからず、MNP転出の時だけ違約金を取る格安SIMサービスはmineoなどがあります。

データ通信量の目安(1GB)

1GBの目安

出典:フリーテルモバイル

見るホームページや動画の画質によって異なりますが、おおよそこれくらいが目安です。

統計によると月間3GBもあればほとんどの人が足りるようなので3GBくらいで使ってみて、余るようであれば途中でプラン変更するというのが良いと思います(定額制プランの場合)。

FREETEL電話

FREETEL電話

フリーテルSIMを契約している人限定のアプリサービス。

1分間or5分間の通話がかけ放題になるサービスです。完全かけ放題とは違うので注意。長時間かける人には月額料金が無料の通話量半額サービスもあります。

FREETEL電話のプラン一覧

料金プラン 月額料金 国内通話料
1分間かけ放題 399円 10円/30秒
5分間かけ放題 840円 10円/30秒
半額通話 0円 10円/30秒

1分間で通話が終わるというのは少ないと思うので、1分間かけ放題プランは通話料割引というイメージです。10分間かけたら1割引と考えるのが良いです。

月額基本料金が399円なので、40回発信したら元が取れる計算です。

短時間の通話をよくするなら5分間かけ放題の方が良いと思います。

半額通話というサービスもあり、こちらは基本料金が無料で、通常30秒/20円の通話が半額の30秒/10円になるサービスです。

アプリを経由して通話した場合、海外を一度経由するようなので、音質はやや落ちる可能性が高いです(2016年4月現在)。音質が気になるようであれば、国内経由の楽天でんわの方がおすすめできます。

余ったデータ通信量の翌月繰り越しはなし

他社でよく採用されているデータ通信量の翌月繰り越しはありません。

通信速度はやや遅め

主要格安SIM14社の通信速度を比較した際、フリーテルSIMは13位/14社の結果に…(出典資料:家電批評SIMフリーがまるごとわかる本)。

ある程度の速度を求める場合は選択肢から外れます。

FREETELでiPhoneは使える?

FREETELでもiPhoneは利用することができます。

ただしiPhone本体を自分で用意する必要があります。スマホ端末を扱っている白ロム屋やapple公式のSIMフリー端末、以前使っていたドコモ製の端末などが利用できます。

スマホ端末屋(白ロム屋)は色々ありますが、秋葉原のイオシスが品揃えが豊富で探しやすいです。ネットショップでも通信販売しています。

たフリーテル公式ではandroid・WindowsOSしか扱っていません※2016年7月現在

利用できるスマホ端末

SIMフリー端末(フリーテル製含む)、NTTドコモ製端末です。au・ソフトバンク・ワイモバイルで購入した端末は使えないので注意。

iPhone専用の格安SIMも取り扱いあり

フリーテルiPhoneバナー

AppStoreでの通信が無料になるiPhone専用格安SIMも販売あり。

アプリのダウンロードは高容量になることが多いので、通常自宅などのWiFi環境で行うのが良いが、iPhone専用SIMの場合は外出先でも気にせずにダウンロード・インストールができる。

事務系のアプリなどは容量が大きくないものがほとんどですが、ゲームなどのアプリの場合、数十MB~数百MB必要な場合がほとんどです。

ゲームにもよりますが、モンストやパズドラ、パワプロなどでアップストアからダウンロードする時で数十MB、初回起動時にさらに数十MB~数百MBのダウンロードが発生します。

アップデートなどでも数十MBのダウンロードが発生するものが多いのでiPhoneを使っている場合は嬉しいサービス。

キャンペーン(~2016年9月5日申し込み分)

2年間299円割引キャンペーンがあります。

もしライトユーザー(月間100MB未満)の場合だと2年間0円で利用することができます(データ通信専用プランの場合)。

ただ100MBというのはネットをしているとすぐ超過しますし、スマホはアプリの更新などでデータ通信を都度おこなっているので、多少は足が出る可能性が高いです。

2年間は安めに使えるという認識が良いでしょう。

話題の映画、アニメ、音楽、コミックが楽しめるコンテンツサービス「music.jp」に加入すると2年間の割引サービスが3年間に延長されます。

music.jp加入(400円/月)に興味がある人はこちらのキャンペーンを利用するのも良いでしょう。

特筆すべき点は特になし

定額制の料金プランは平凡で特筆すべき点は特にありません。従量制の料金プランは細かく料金が設定されていますが、ある程度使うユーザーにとっては他社と比較してあまりお得ではありません。

ほとんど使わない月もあるライトユーザーなら従量制プランで使うというのはありです。

通話料金が安くなるアプリサービスがありますが、楽天モバイルなど他社でも同等のサービスは提供されています。

現状SIMフリー端末でフリーテルを選ぶことはあっても、格安SIMカード(回線)でFREETELを選ぶ価値は感じません。後々サービス内容や料金改定があった場合に選択肢に入るかもという具合です。

プラスワンマーケティングとは?

2012年10月に2人で設立された日本のベンチャー会社。新興の会社なので胡散臭いと思う方もいるかもしれませんが、現従業員数196名と中小企業くらいの規模になっています(2016年7月現在)。

もともとはSIMフリースマホ端末の販売をしていたメーカーで、現在は格安SIMカード販売、加えてモバイルアプリの開発(フリーテル電話など)をしています。

端末の製造は中国などの工場で作られています。

似た社名の会社が韓国(KTフリーテル)、中国(プラスワン)があるが、公式ホームページなどに日本の記述がなく、おそらく無関係のものと思われます。

-docomo系の格安スマホ
-

Copyright© スマホゴーゴー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.