格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

docomo系の格安スマホ

IIJmio

更新日:

IIJmio

IIJmioは格安スマホの大手回線業者です。

家電量販店のビックカメラで販売されている「BIC SIM」、ノジマ電気の「ELSONIC」、イオンで販売されている「イオンスマホ」はこのIIJmioから回線を借りて販売されています。

公式サイト:IIJmioの詳細・申込みはコチラ

 

プラン一覧(タイプD※)

プラン名/通信容量 データ通信専用 SMS付き 音声通話機能付き
ミニマムスタートプラン
/3GB
900円 1,040円 1,600円
ライトスタートプラン
/5GB
1,520円 1,660円 2,220円
ファミリーシェアプラン
/10GB
2,560円 2,700円 3,260円

上記の料金プランはタイプD(ドコモ回線)を利用したものです。このプランの他にタイプA(au回線を利用したもの)があります。

タイプAの料金は基本的にタイプDと同じですが、SMS付きの料金はデータ通信専用と同じになっています(例:ミニマムスタートプラン・タイプA・SMS付き:900円)。

タイプDとタイプAでは使える端末が違います。タイプDではドコモ端末とSIMフリー端末。タイプAではau端末とSIMフリー端末が基本です。詳しくは公式サイトの「動作確認済み端末一覧」をご覧ください。

参考:IIJmio(公式)

タイプDとタイプAだとどっちが高速?

一般的にはタイプAの方が高速になります。

タイプDで採用されているドコモ回線は他の格安SIMでも採用されており、混雑しています。それに対してau回線を利用したタイプAは格安SIMであまり利用されていないので比較的高速です。

タイプAが普及して混雑するようになるとあまり差はなくなってくると思うので参考程度に。

基本仕様

項目 備考
初期費用 3,000円
SIMカード発行手数料 394円(タイプD)
406円(タイプA)
SIMサイズ 標準/micro/nano
SIMサイズ変更料金 2,000円
追加クーポン 100MB/200円
規制時の速度 200kbps
公衆無線LAN なし
SIM枚数 2枚~10枚※
最低利用期間 音声通話プランのみ12ヶ月
違約金 残月数×1000円
3日間の通信量上限 366MB
SMS 140円

※ミニマムスタートプラン・ライトスタートプランは標準で1枚、オプションで1枚追加可能(合計2枚)。ファミリーシェアプランは標準で3枚、オプションで7枚追加可能(合計10枚まで)。SIM追加は1枚ごとに400円/月。

IIJmioの評判、口コミ

格安スマホ業界でOCNモバイルONEとシェアを2分する大手MVNOです。

ユーザーが多いゆえにレビューも多く、通信速度は上々の評判が多いです。ビックカメラやイオン、DMM Mobile、パナソニック系列のhi-ho、ISPで有名なBB Exciteなどに格安スマホ回線を販売しています。

月額料金はもともと安めでしたが、2015年4月に料金をそのままで通信容量を増やして割安感が上がりました。
また使い切らなかった通信量は翌月に持ち越せるデータ繰越しにも対応しています。

もしデータ通信量を使い切って低速通信になってもデータ通信の最初数秒間だけは高速通信できる「バースト機能」も利用可能。

ライトユーザーもヘビーユーザーも満足できる性能になっています。

公式サイト:IIJmioの詳細・申込みはコチラ

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-docomo系の格安スマホ
-

Copyright© スマホゴーゴー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.