格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

格安simの基礎知識

格安sim(スマホ)とキャリア(NTT docomo)の違いを比較!

更新日:

格安SIMカードとNTTドコモのSIMカードだと何が違うか?これを比較して紹介したいと思います。

格安SIMの方が段違いに安い!

知っている方も多いと思いますが、格安simとNTTdocomoを比較すると月額料金が全然違います。どれくらい違うかは以下の表をご覧ください。

格安sim※ NTT docomo
通信容量 3.1GB 2GB
基本料金 1600円 1700円
パケット定額サービス - 3500円
インターネット接続サービス - 300円
合計 1600円 5500円

※格安simは楽天モバイルの料金で計算

以上のようになっています。金額差としては3900円/月です。年間で考えると46800円違います。

ちなみに格安simはパケット定額サービス・インターネット接続サービスの料金が気ほ料金に含まれています。

docomoは通話定額(かけ放題)サービスあり

ドコモのサービスは通話定額制システムが付いています。2種類の通話定額プランがあります。

カケホーダイライト カケホーダイ
月額料金 1700円 2700円
備考 5分までの通話が無料 完全に無料

音声通話をかなり使うという場合にはNTT docomoは便利です。逆に音声通話はあまりしないという方には、強制的に通話定額サービスが付いてくるので割高になります。

通信速度は基本的にNTT docomoの方が速い

混雑状況などによって変わってきますが、基本的にNTT docomoの回線の方が速いと考えて良いです。

特に混み合う時間帯(平日昼間、夜など)は速度差が出ます。

通信エリアは基本的に同じ

通信できるエリアは全く同じです。

というのも格安simサービスはNTT docomoの回線を借りて行っているのでエリアは全く同じです。一部auの回線を使うサービス(mineo Aプラン、UQ モバイル)だけauと同じエリアです。

まとめ

格安sim docomo
メリット 抜群に安い 通信速度が速い
デメリット 通信速度が遅い時がある 高い

2つの違いを簡単にまとめると格安simは抜群に安いが速度はdocomoに劣る、docomoは高いだけあって速度面で有利、このような違いになります。

シンプルに言ってしまうとこれくらいの違いです。

ドコモで料金が高い、安くないと考えたことがあるなら格安simはおすすめ。速度差はありますが、そんなことがきにならないくらいの料金差です。

筆者も以前はドコモを使っていましたが、試しに格安simを使ってみて、満足だったので完全に乗り換えました。

やや速度が遅いと感じることはたまにありますが、料金が毎月約4000円も変わるのならばそれくらい問題ないと思っています。

何を重視するかにもよりますが、料金面に不満がもしあるのならばdocomoなどのキャリアから格安simの乗り換えはおすすめです。

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-格安simの基礎知識

Copyright© スマホゴーゴー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.