格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>格安SIMの比較ページはコチラ>

格安simの基礎知識

格安スマホ(SIM)が安い理由

投稿日:2015年6月1日 更新日:

NTTドコモやauソフトバンクなどの既存キャリア(MNO)に比べて圧倒的に安い格安スマホ(SIM)ですが、なぜ安いのでしょうか。これをまとめてみました。

スポンサーリンク

格安スマホ(SIM)が安い理由

  1. 実店舗がほぼない
  2. アンテナ・交換機等の一部通信設備投資・維持管理が不要
  3. オプション・コンテンツ・決済サービスなど付随サービスが少ない

実店舗がほぼない

携帯ショップフリー素材

ドコモショップやauショップなどのように実店舗がありません。それによってサポートを受けたい場合は電話、もしくはメールでの問い合わせになります。

そもそもショップに聞きに行くことなどない!という人であれば問題ありません。ショップによく行くという人は自分で調べて対応できるのかを考える必要があります。

何が問題かがわかるようであればサポートに聞く必要もなく、インターネットで検索すればよいでしょう。何が問題かがわからない場合はサポートに聞くか、キャリアのスマホ(携帯電話)を使うのがよいでしょう。

一部キャリアではショップが増えてきている

楽天グループの楽天モバイルや、KDDIグループのUQモバイルでは実店舗が増えてきています。都心の店舗が多いですが、ショップがあった方が良いという人はこれらのSIMを契約するのも良いでしょう。

アンテナ・交換機等の初期設備投資・維持管理が不要

これは既存のドコモ、もしくはauの設備を借りるので初期投資がかかっていません。

また借りる費用も総務省から決められているので高額な価格は設定されておらず、格安で提供することが可能になっています。

オプション・コンテンツ・決済サービスなど付随サービスが少ない

天災による緊急事態を伝えるアナウンサー

これは人によっては逆にうれしいかも知れません。

既存キャリアではさまざまなオプションが存在し、機種変更時、新規契約、MNP乗り換えの時に加入を促されます。これが格安スマホ(SIM)ではほぼありません。

オプション自体がほとんどないので加入促進もないです。

またインターネット経由での申し込みが基本になるので不要なセールストークを聞く必要もありません。個人的にはこのセールストークを受ける必要がないというのが大きなメリットだと思います。

格安スマホ業者によっては端末の保証サービスなどを扱っているところもありますが、強制加入というものはありません。

家電量販店や携帯ショップでの販売も拡大(2017年6月追記)

ヨドバシカメラやビックカメラなど家電量販店での取り扱いも増えてきました。ただし家電量販店では取り扱いのないネット販売限定のSIMカードもあるので、ネット通販の方が選択肢は多いです。

キャリア決済ができない

財布や定期券を出さずにスマートフォンで駅の改札を出る女性 [モデル:河村友歌]

月額課金コンテンツやソーシャルゲームなどの支払いでキャリア決済を選択することができません。

既存キャリアはコンテンツ料金などを毎月の請求とまとめて払うことができましたがこれができません。

もちろんクレジットカードや電子マネーを使えばそちらから課金することができるのでこちらに変更すれば問題ありません。

iPhone(iOS)はitunesカード利用がオトク

iPhoneでLINEのスタンプを購入したり、ネットゲームの課金をする場合はitunesカードを購入してチャージするのがお得です。

itunesカードはコンビニエンスストアなどで、定期的に10%などの割引キャンペーンをやっているので、その時に購入するのがおすすめです。

まとめ

格安スマホが安い理由で一番問題になるであろうものは実店舗でのサポートです。店舗に端末を持ち込んで教えてもらうというものですね。これがなくても問題ないという方であれば格安スマホをおすすめです。

格安スマホは既存の回線(ドコモ、au・ソフトバンク)を利用しているのでサービス品質に関しては基本的に心配いりません。

ただし料金を安くしている分、通信速度はおさえめになっています。

空いている時間帯の通信速度は問題なく出ますが、平日の昼間(11時~13時ごろ))や夜間(19時~23時ごろ)は実行速度はやや落ちます。

ブラウザでネットを見たり、LINEをする分には問題ありませんが、とにかく速くないとイライラするという人は注意が必要です。

管理人や管理人の周りで格安SIMを使っている人たちの感想ではすごく不満を訴えている人はいませんが、速度がキャリアよりは遅めということは覚えておきましょう。

多少遅くなっても、スマホ料金が劇的に安くなるのでメリットは大きいです。

今よりスマホの月額料金を安くしたいという人であれば格安スマホへの乗り換えをおすすめします。

安さも速度も両立したいというワガママさんはコレ(2017年6月追記)

毎月の基本料金を安くしたいけれども、通信速度が遅いのは絶対にイヤ!という人にはサブキャリアを使うのがおすすめです。

サブキャリアとは、キャリアが料金を下げて提供しているサービスです。

KDDIグループのUQモバイルソフトバンク系列のワイモバイルがあります。

この2つのサービスは格安SIMよりはやや料金が上がりますが、その分通信速度が格安SIMより出やすいので、キャリアと格安SIMの中間的な存在です。

格安SIMに乗り換えたいが速度面で不安な人はサブキャリアをおすすめします。

参考記事:格安SIM会社の比較!おすすめスマホどこ?

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-格安simの基礎知識
-

Copyright© スマホゴーゴー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.