格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル

docomo系の格安スマホ

TONEモバイルは遅い?TONEのデメリットのまとめ

更新日:

TONEモバイル

ツタヤが提供しているTONEモバイルですが、デメリットはあるのでしょうか?あるとしたら何がデメリットなのか?

実際にTONEモバイルの実機・SIMを用意して検証してみました。

⇒TONEモバイルの詳細・申込み

通信速度は遅い?

めちゃくちゃ遅い!とまではいきませんが速くはありません。まずまずといった速度です。格安SIMの宿命です。

TONEモバイル+M15で朝と昼間の実測値(高速チケット使用)を出してみたので参考程度にみてください。

測定結果:2017年6月(東京都江戸川区)

TONEモバイル実測値(東京都江戸川区)

使用アプリ:RBB SPEED TEST

使用する場所(環境)、時間帯で揺らぎがあるのであくまで参考程度にとどめておいてください。高速チケット使用なしだと500kbps(≒0.5Mbps)程度でした。

一般的に10Mbpsを超えると快適に利用できると言われています。軽いホームページ閲覧やLINEなどの利用であれば5Mbpsもあれば問題ありません。

速度重視ならサブキャリアを

速度を求めるのならばサブキャリア(UQモバイル・ワイモバイル)を使うのが良いです。

もともとの速度が高く、混雑時間帯でも快適な速度が出やすいです。以下のページでまとめているので気になる人はチェックしてください。

参考記事:UQモバイルのポイント・口コミ

参考記事:ワイモバイルのポイント・口コミ

専用端末の性能は低め

TONEモバイルM15

TONEモバイルは格安スマホとしてはかなり特殊で、スマホ端末とのセット販売のみになっています。用意されているスマホ端末は1種類のみです。

このスマホ端末の性能がやや低いです。

端末価格が29,800円で、スマホ端末としては中堅どころの価格帯ですが、その価格帯の中では正直イマイチです。

2017年6月現在、M15という機種が販売されています。以下M15のスペックです。

M15スペック

機種名 TONE(m15)
(製造メーカー: freebit)
OS Android 5.1 lollipop
CPU MediaTek MT6735
(クアッドコア 1.3GHz)
RAM
/ROM
2GB/16GB
外部メモリ microSDカード(最大32GB)
ディスプレイ 5.5インチ HD
カメラ 背面 1300万画素(フルHD1080p動画撮影)
前面 500万画素
バッテリー 3000mAh
WiFi WiFi 802.11 a/b/g/n
LTE/3G
/GSM
DD-LTE(Bands 1, 3, 19, 21)
W-CDMA(Bands 1, 6, 9, 19)
GSM(850/900/1800/1900MHz)
SIMサイズ Nano SIM
カラー ホワイト
本体サイズ 147.9×74.5×8.6mm
重さ 165g

スペック的にはRAM(メモリ)がやや弱いです。あとしいていうならCPUがクアッドコアで、この価格帯の機種としては物足りないです。3万円前後の機種ならオクタコア(8コア)くらい欲しいところです。

現時点では問題なく動作しますが、1年2年と使っていると動作に不満が出る可能性が高いです。

最低利用期間が2年間

最低利用期間が2年間です。

他社の格安SIMだと1年間程度のところが多いのでこれはイマイチなところ。

2年間以内の解約の場合、9,800円の違約金が発生します。

最低利用期間なしのSIMカードが欲しい人は以下のページにまとめているのでそちらも参考にしてください。

参考記事:最低利用期間(縛り)なしの格安SIM(MVNO)

逆にメリットは?

あれは梅なのか桜なのか聞いてくる子供 [モデル:あんじゅ]

TONEモバイルのことをボロクソに言いましたが、逆にメリットは何なのでしょうか?誰が持つのに向いているのでしょうか?

このTONEモバイルは完全に子供・老人向けの格安スマホです。それ以外の人は全く相手にしていません。

利用制限・見守り機能

TONEモバイルは標準でwebフィルタリング機能(有害サイトの閲覧禁止)が付いていたり、現在地の確認、利用時間の制限をしたりすることができます。

公式でプロモーションビデオが用意されているのでそちらを見るとよりわかりやすいです(音が出るので音量注意)。

TONEモバイル公式PV

子供や高齢になったお父さん、お母さんを大丈夫かな?と心配する人が使うスマホがTONEモバイルです。

TONEモバイルはスペックや通信速度を気にするような人が使う格安SIMではありません(断言)

スマホやパソコンなどに詳しい人が使うのではなく、子供に初めて持たせる用途やシニアに持たせるのに向いているスマホがTONEモバイルです。

このような用途では似たような格安SIMはなく、TONEモバイルの一強になっています。

この使い方に魅力を感じる人はTONEモバイルを使うのが良いでしょう。

⇒TONEモバイルの詳細・申込み

格安SIMショートカット

格安SIMショートカット

コスパ良しの格安SIM
楽天モバイル mineo
通信速度重視の格安SIM
UQモバイル ワイモバイル
>>>MVNOの比較ページはコチラ

-docomo系の格安スマホ

Copyright© スマホゴーゴー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.